賃貸契約の一軒家と集合住宅のメリット・デメリットを比較しました。

集合住宅と一軒家はどちらがよい?メリット・デメリットを比較

賃貸における集合住宅と一軒家のメリットデメリットを比較しました。集合住宅は団地・アパート・マンションなどのカテゴリーによって特性が異なり、賃貸用物件の数が豊富です。一軒家は家賃が割高でファミリータイプが中心になりますが、駐車場付きの物件など総額で見れば割安になるケースもあります。

投稿日:

集合住宅と一軒家のメリットデメリット比較

賃貸は集合住宅の物件情報が多いですが、賃貸用の一軒家も存在します。

一軒家は主にファミリー向けの物件が中心になりますが、集合住宅とは違った特徴を持っています。

賃貸における集合住宅と一軒家のメリット・デメリットを徹底的に比較しました。

 

集合住宅のメリット・デメリット

集合住宅のメリット

・好立地物件でも家賃が安い

・賃貸向けの物件情報が豊富

・単身用や2人暮らし向けなど多彩な間取りがある

・RC構造の集合住宅は断熱性能、冷房効率など快適性が高い

・主に専有部分に階段のないワンフロアの生活になる(高齢者や小さいお子さんがいる家庭におすすめ)

・敷金、礼金の安い物件が多い

・綺麗に使えば敷金の返ってくるケースが多い

・セキュリティがしっかりしている物件が多い(オートロック、警備会社、防犯カメラなど)

・家の外の掃除をする必要がない

デメリット

・隣人および上下階の住民との騒音トラブルが起こりやすい

・同じ集合住宅の人と顔を合わすことが多い

・玄関に行くまでに階段がある

・賃貸向けの簡易的な設備の物件が多い

・新築マンションは賃料が割高

・日当たり、風通しが悪い物件が多い

・古い集合住宅は建物の見栄えが悪い

選択肢の多い集合住宅集合住宅の中でも、マンション・アパート・団地などのカテゴリーや築年数、設備によってメリット・デメリットが大きく変わってきます。

一番の特徴は、集合住宅は賃貸向け物件の数が豊富なことです。選択肢が多いので希望条件に合った物件を見つけやすいです。

 

一軒家のメリット・デメリット

メリット

・隣人との騒音トラブルが起こりにくい

・駐車場代がかからない(駐車場付き物件)

・日当たり・風通しが良い(4方向に窓がある)

・ペットの制限がない

・延べ床面積から見ると賃料が割安

・もともと居住用(所有用)に作られた家が多いのでキッチンやお風呂などの装備が豪華

・建て付け家具や収納が多い

・2階建て以上の家が多いので家族間のプライバシーを確保しやすい

・敷地のある限り自転車やバイクを置ける台数に制限がない

デメリット

・物件情報が少ない

・築年数が古い家(10年以上)はメンテナンスが滞っていると断熱性能が低く隙間風が多い

・階段があると延べ床面積ほど居住スペースが広くない

・大きなリビングや吹き抜けなどがあると冷暖房の費用が高くつく

・家の外や庭などの手入れをする必要がある

・地域によっては距離を取った近所付き合いができない

・泥棒被害や放火の被害に遭いやすい

・インターネット回線の基本料金が高い

・訪問営業が多い

 

割安な一軒家一軒家の賃貸は集合住宅より割高なイメージを持たれがちですが、システムキッチンや最新ユニットバスなどの設備や駐車場代などを考慮すると思っているよりも割安な物件が多いです。

ただし管理会社が入ってなく大家の自主管理になっていることが多いので、物件によって居住者へのサポート体制や建物のメンテナンス状況に大きな差が出ます。

近隣住民との付き合いが深くなることも多いので、一軒家を賃貸する際は集合住宅とは違った物件選定時のポイントがあります。

Copyright© アパート・マンション・団地はどこが違う?部屋選びで大切な集合住宅の特徴 2019 All Rights Reserved.