集合住宅選びでチェックしておきたいポイントを解説しています。

大切なのは立地や家賃だけじゃない!集合住宅選びの要チェックポイント

集合住宅選びのポイントを光熱費が安い家の特徴と安心・快適に住める家の条件の2項目に分けて解説しています。オススメの条件のほか、住んでから後悔する方の多いポイントを解説しています。集合住宅を借りる場合は、家賃や共益費だけではなく生活費の総額で計算して、妥協するポイントが本当に後悔しないのかじっくり考えることが大切です。

投稿日:

集合住宅選びのポイント

集合住宅の賃貸を探す場合、立地や間取り以外にもチェックするべきポイントがたくさんあります。
設備や条件によっては光熱費通信費などで生活費が大きく変わってきます。また、集合住宅は初期費用が高いので、後悔せずに長く住める部屋を選ばないといけません。
集合住宅選びの主要なポイントをまとめました。

 

光熱費の安い集合住宅の条件

生活費の管理集合住宅を借りる時は少しでも家賃を安くしようと考える方が多いですが、重要なのは家賃や共益費よりも生活費の総額です。
家賃だけ安くても光熱費が高いと後悔しやすいので注意しましょう。
光熱費の安い集合住宅の主な事例は以下の通りです。

新築マンション

新築マンションは断熱性能が高く、冬は暖かくて夏は涼しいです。暑がりではない人はクーラーを使わずに夏を乗り切ることもできるので電気代が安くなります。

都市ガス

集合住宅は都市ガスとプロパンガスの2種類があります。毎日お風呂に入る場合、プロパンガスは都市ガスの2倍前後のガス代がかかってしまいます。

インターネット使用料無料(定額)

集合住宅は、建物全体でインターネット契約をしていて、住民には無料や1,000~2,000円程度の定額で利用できるケースがあります。
有料の場合でも個別契約するより安くできるので、生活費を抑えることができます。

洗面所に洗濯機置き場がある

洗面所に洗濯機置き場があると、風呂水を使って洗濯機をまわす ことができ、水道代を節約できます。

 
 

安心・快適に住める家の条件

快適に住める条件のそろった住宅

おすすめ物件の条件を、住んでから後悔しやすい事例を交えて紹介していきます。

オートロック付き

共用玄関(エントランス)にオートロックが付いているとセキュリティ面で安心できます。

モニター付きインターホン

モニター付きだと不審者が近寄りにくいですし、訪問セールスなのか宅配なのか応答する前に確認することができます。

宅配ボックス

通販の需要が高まっているので人気の設備です。オートロック付きの家は宅配ボックスがあると便利です。
オートロックがない場合は、玄関の前に個別の宅配ボックスや置き配バックを置いて対応する方法もあります。

1階に飲食店が入っていない

1階に飲食店が入っている集合住宅はゴキブリが発生しやすいです。

日当たり・風通しが良い

家賃を抑えるために妥協する方が多いですが、住んでみると意外なほど後悔しやすいです。

洗濯物を干すスペース

室内干し中心なのか晴れた日は外に干したいのかで理想的な設備が変わってきます。

住人の質

そのエリアの家賃相場より安い集合住宅は住人の質が悪くて住人同士のトラブルになったり、他の住人の行動がストレスになったりしやすいです。

築年数の古い家でも新耐震基準の1981年6月以降が無難
1981年5月以前に建てられた建物は大地震が起こると倒壊するリスクが高いので注意しましょう。

建物のメンテナンス状況

外壁のひび割れ、老化の手すりのサビや塗装はがれなどメンテナンスが行き届いていない建物は、不具合の発生や不快に感じるような問題点が多い傾向があります。

Copyright© アパート・マンション・団地はどこが違う?部屋選びで大切な集合住宅の特徴 2019 All Rights Reserved.